iphone
お問い合せ 025-333-9696

 

iPhoneのバッテリー交換について

▼iPhoneのバッテリーについて
①iPhoneのバッテリーの寿命
②iPhoneのバッテリーの劣化症状
③「電源が入らない=iPhoneが壊れた」ではありません
④iPhoneのバッテリー交換について
⑤iPhoneのバッテリー交換にかかる費用
⑥バッテリーの寿命を長くするために。

▼iPhoneのバッテリーについて

iPhoneバッテリー交換

①iPhoneのバッテリーの寿命

Apple社が公式発表にて、「iPhoneの寿命は3年」としています。 が、お客様の使い方次第では、もっと長持ちする場合もあれば短くなる場合もあります。また機種変更をするきっかけとなるほとんどの場合がバッテリーの消耗が早いということが原因と言われています。 しかし、iPhoneはバッテリー交換をすれば、まだまだ使えるようになります。
「寿命=バッテリーの寿命」といっても過言ではありません。当店でバッテリーの調子が悪いという依頼からiPhoneの検査を行うと、早いものだと購入から1年未満でダメになってしまったというケースもあります。ですが逆に2年くらい使っていても本来の性能の90%以上を発揮できているiPhoneもたまにですが見かけます。要は使い方が一番重要です。

 

②iPhoneのバッテリーの劣化症状

バッテリーの劣化が始まると起こる症状としては、
①バッテリーの消耗が早くなり、徐々に充電の頻度が増えてきます。
②バッテリーの残量がまだあるにも関わらず、突然電源が落ちてしまう。また、充電器に繋ぐと急に残量が増えたりという症状が出てきます。こうなると、もう負のスパイラルです。バッテリーの減りが早い → 充電回数が増える → iPhoneを充電器につないだまま使用したり、夜寝るときに充電器につないで朝までつなぎっぱなし・・・と。これらはさらに状況を更に悪化させます。

そして、

③電源が入らない、Appleマークがついたり消えたりして、電源が入らなくなります。
④バッテリーの膨張が起こります。 と、2次災害、3次災害が起こります。

iPhoneのバッテリー膨張

iPadのバッテリー膨張

購入して間もないiPhone8のバッテリー膨張

これは、もう危険な状態です。度が過ぎると、破裂したり、煙がでたり、発火したり・・・。緊急な処置や対策を要することになります。

 

③「電源が入らない=iPhoneが壊れた」ではありません。

バッテリーの劣化によって「電源が入らない」とか「Appleマークがついたり消えたりする※バッテリーが原因とは一概に言えませんが、バッテリーが原因で起こることもあります」というのは、故障ではありません。消耗品によるもので、蛍光灯の球切れといっしょで交換すれば元に戻ります。車のバッテリーが上がってもバッテリー交換をすれば直ります。しかし、iPhoneの場合はそうはいきません。メーカー等に持ち込むと有無言わさず「初期化してください」とか「本体交換です」とか言われます。データが消えたり、余計なお金を支払ったりと負担が大きいです。電源が入らない、その他重傷かと思うような不具合でも案外バッテリー交換等直る場合がございます。もしお困りなことがございましたらお気軽に当店に御相談ください。原因を調べ最善策をご提案させて頂きます。

④iPhoneのバッテリー交換について

iPhoneのバッテリーは、お店に販売されているものではありません。そのため、メーカーや修理業者依頼するしかありません。メーカーでは、ありとあらゆる修理(交換)は、初期化しないと受付てくれません。しかし、当店では、バッテリー交換を含む全ての修理がデータも設定もそのままです。また、バッテリーの交換はiPhone5SやiPhone6、iPhone6Sといったような機種などは関係なく、約5分で交換が可能です。ちょっとした合間を見つけてお気軽にお立ち寄り頂ければ完了したます。

 

⑤iPhoneのバッテリー交換にかかる費用

iPhoneバッテリー交換

iPhone4/4S:4,980円

iPhone5/5C/5S:4,980円

iPhoneSE:7,980円

iPhone6/6Plus:6,980円

iPhone6S/6SPlus:7,980円

 

⑥バッテリーの寿命を長くするために。

考え方としては、極力充電をしない。回数を減らすこと。です。

充電器に1回つなぐと1回です。バッテリー残量が10%でも100%でも、1秒繋ごうと1時間繋ごうと、1回繋げば1回です。 それをいかに減らすかが、バッテリーの寿命を左右します。 その上で、下記3点のご注意を。

①バッテリーが100%充電された状態で、長時間繋ぎっぱなしにしない。

夜間に充電しながら寝ないこと。

②20~30%残っている状態からフル充電。100%になったら充電器を外すこと。

残量が80%あるのに充電するのは良くありません。また、0%と使い切るのも良くありません。

③充電しながら、ゲームや音楽を聴くのもNG

人間でいうと、ご飯を食べながら運動するのと同じです。

 

お気軽に御相談ください

iPhoneの調子が悪い、いつもと違う。またiPhoneが動かないなど、お困りな事がありましたらお気軽に御相談ください。相談は無料。御来店のほか、お電話、メール等でも対応しております。

copyright © iPhone修理ストア all right reserved.