iPhone修理実績30,000台突破! 高品質な部品と高い技術力でiPhoneを熟知したプロスタッフが修理します! image

寒いとバッテリーの消耗が激しい?

iPhone修理ストアの中村です

また、寒波・・・勘弁してほしいですね 笑

今朝は電車が止まったので万代まで車で来ました><

 

さて、話は変わります^^;

寒くなってくるとバッテリーの消耗が急に早くなりませんか?

Appleさんも0℃~35℃の環境で使って下さいとアナウンスしてます。

 

極端に寒い環境だと消耗が激しくなるだけでなく、急に電源断もします。

iPhoneなどで使われてるリチウムイオン二次電池の特性として、

寒くなると電池内の内部抵抗値が大きくなるそうです。

電極もそうですが電解液中で移動する電子の動きが鈍くなる。

抵抗が倍になれば電流は半分に・・・オームの法則、懐かしい・・・

結果、消耗が激しい≒疑似的にバッテリー容量が減った感覚に。

 

また、リチウムイオン二次電池は特性上、電圧が完全に無くなると壊れるそうです。

なので最低限の電圧を確保する為の保護回路がバッテリーに組み込まれてます。

規定値まで落ちるとバッテリーが電源断するのでiPhoneも電源が入らなくなります。

 

ただ、寒さによるバッテリーの一時的な性能低下は温めれば直ぐに回復したりします。

が、注意してほしい点もあります。0℃~35℃での使用を推奨されてるiPhoneですが、

寒さだけではなく上限も設定されてます・・・極端な高温で壊れてしまう><

ですから、保護回路で45℃ぐらいでiPhoneが一時的に使えなくなる仕様です!

直火で温めたり茹でたりする人はいないと思いますが、カイロ的なもので温める人は

結構、いそうなので止めた方がイイとだけお伝えさせて頂きます!

冷たい状態から温めるとiPhone内部に飽和水蒸気量の違いで結露が少なからず発生します。

その繰り返しはiPhone内部を腐食させ端末寿命を縮めてしまう可能性があります。

また、極端に冷えたバッテリーを充電すると故障する可能性もあるそうです・・・

 

 

先日、充電できないと御来店された方の症例です。

充電を試してみると過放電を示す表示、10分ぐらい充電してたら起動!

しかし・・・リンゴさんが繰り返し表示される悲しい表示に・・・

どうやらバッテリー残量を確認しないまま残量不足で

iOSをWiFi環境でアップデートしたみたいですね><

無事、復旧できたので良かったです♪

 

寒い季節は充電しながらアップデートする事を強くお勧めします!

途中で電源断してアップデートに失敗するとパソコンから強制的に

更新を試みるしか復旧できなくなります・・・

 

 

 

iPhone修理ストアではバッテリー交換だけではなく、

アップデートに失敗した端末の復旧も可能でございます!

皆様の御来店をスタッフ一同、心からお待ちしております^^

 

 

 

 

【iPhone修理ストア】

☆新潟アルタ店
〒950-0088新潟市中央区万代1-3-30
新潟アルタ2階
025-378-0075

 

☆イオンモール新潟南店
〒950-0150
新潟市江南区下早通柳田1-1-1
イオンモール新潟南1階
025-378-6020

 

☆小針事務所
〒950-2022新潟市西区小針8-1-2
025-378-0073