修理実績20,000台突破! iPhone3GからiPad,iPodtouchの現行機種まで熟知したプロスタッフが対応します! image

画面割れからデータ消滅?意外な落とし穴

どうも、iPhone修理ストアの齋藤さんです。

 

 

 

 

 

今日はiPhoneの最も身近な故障である“画面割れ”が起きてしまった際、

 

タッチ操作まで効かなくなってしまった場合の注意点をご案内しようと思います。

 

 

 

 

 

まずiPhoneの画面割れが起きたときに、

 

○ガラスが割れているだけ

 

○ガラスが割れてタッチ操作が効かない(おかしい)

 

○ガラスも液晶も割れてタッチ操作も効かない(おかしい)・・・・・etc

 

画面割れにも様々な種類、状態があります。

 

 

 

 

 

ガラスが割れているだけならまだ我慢して使うこともできますが、

 

液晶に異常が出たりタッチ操作に異常が出てしまうと、もう修理をするしかありませんよね。

 

もはや生活必需品になっている携帯電話が使えないとなると非常にストレスです。

 

ただバックアップを取ったりショップに持ち込んだりと、

 

いろいろ面倒な作業になりますので、ついつい後回しになってしまう方もいらっしゃると思います。

 

そんなときに気をつけないといけないのが、“完全パスコードロック”です。

 

 

 

 

 

 

昨日いらっしゃったお客様は、画面が液晶まで潰れてしまい、完全に操作ができない状態でのご来店でした。

 

こんな感じ↓↓

 

 

 

 

 

 

データを抜き出したいとのことだったので、データ移行として受付し作業を開始。

 

タッチ操作ができないと一般的な方法ではデータを抜き出すことができませんので、

 

一旦画面を新しいものに付け替えます。

 

あとは通常通りにバックアップを行うだけなのですが、ここで重大な問題が発覚。

 

そのときのiPhoneの画面がこちら↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

「iPhoneは使用できません」

 

 

 

 

 

 

…..どうやらタッチ操作が暴走して勝手にパスコードが入力されてしまい、

 

11回入力失敗してしまっていたようです。

 

こうなるともう残念ながらデータを抜き出すことは不可能です。

 

(厳密には方法自体はあるようですが、とても現実的ではありません。)

 

 

 

 

 

 

これがタッチ操作に異常が出たときの一番怖いところです。

 

今はほとんどの方がiOS10以上を使っていると思いますので、このようなことは減りつつありますが、

 

まだ“スライドでロック解除”の方法でロックを解除されている方は特に気をつけたほうがいいです。

 

また、“ホームボタンを押してロック解除”を使用している場合でも、

 

LINEやメールなどの通知が来たタイミングでその通知がスライドされてしまい、

 

バババーッと凄い勢いでパスコードが誤入力されるケースがあります。

 

もし画面割れ等でタッチ操作がおかしくなったらすぐにiPhone修理ストアまでお持ちください。

 

大切なデータが消滅してしまうかもしれませんよ…..。

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneの画面割れ、バッテリー交換、その他、

iPhone、iPadの各種設定や操作方法など・・・

 

修理から、些細なご相談までお気軽にどうぞ!

スタッフ一同、お待ちしております。

 

 

【iPhone修理ストア】

☆小針本店
〒950-2022新潟市西区小針8-1-2

025-378-0075

☆イオンモール新潟南店
〒950-0150
新潟市江南区下早通柳田1-1-1
イオンモール新潟南1階

025-378-6020